トップインフォメーション資生堂美容室 60周年

  • INFORMATION

EVENT2017.01.23

資生堂美容室 60周年

60%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%83%ad%e3%82%b4

2016年12月に募集いたしました、資生堂美容室に60周年企画「私と資生堂美容室のエピソード」を
多くのお客さまよりお寄せいただきましたことスタッフ一同心より御礼申しあげます。
ありがとうございました。

すべてのエピソードを資生堂美容室全社員で共有し、
今後もお客さまの人生に寄り添える会社であるよう大切に活かしてまいります。

今後ともご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い申しあげます。

 

 

~お寄せいただきましたエピソードの一部をご紹介させていただきます~

 

Sさま(60代/松坂屋上野店へご来店)

最初の記憶はもう四十年も前になります。
当時、資生堂美容室にはシャンプーマシンがあったというものですがあるいは私の記憶違いかも知れません。

その後、結婚して夫と赴任した札幌市。
見知らぬ土地で安心を与えてくれたのが、東急デパートに入っていた資生堂美容室でした。
赴任地から戻り、美容室に予約を入れると「カットでしたら同じザギンザビル内にあるヘアドゥはいかがですか」とお薦めいただいたのが長いお付き合いの始まりです。
ヘアドゥでは十数年間に三人のスタイリストのお世話になりました。
いずれもお人柄技術共に優れ、担当を代えたのは結婚退職等それぞれの方の御事情に依るものでした。

そしてヘアドゥでの最後のスタイリストが今もお世話になっている美容師さんです。
もう十五年のお付き合いになります。
美容師さんの異動に伴い、都内三カ店の資生堂美容室のお世話になりました。
どちらの店舗も均質で気持ちの良いサービスを提供してくださったのは言うまでもありません。

昭和から平成へと続く変動の時代に、資生堂美容室という一つの暖簾と結んだ御縁、
これを「しあわせの関係」と私は呼びたいのです。
老いの入り口に立った今も若い頃と変わらず、髪は大切な伴侶なのですから。

 

Kさま(30代)

今から20年前に母と妹が初めて資生堂美容室へ。
ちょうど「カリスマ美容師」がドラマではやっていた頃。
母をカリスマ風美容師さん、妹を女性美容師さんが担当してくださった。
母は女性がいいな~、妹はカリスマ風がいいな~とお互いに思っていたが、仕上がりにそれぞれが満足。
その後、私も資生堂美容室にお世話になり、19年が経過しようとしています。
最初は学生の頃で、福岡の資生堂美容室へ。
その後、名古屋、大阪(ハービスエント)、銀座、日本橋と全国でお世話になっています。

 

※60周年企画『私と資生堂美容室のエピソード』の募集は終了いたしました。メッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございました。

RESERVATION

ご予約は各店舗へお電話でお願いします。

×